てづくり 丹精込めた自慢の味

山田の漁師がこだわりをもって、自分が育てた牡蠣を燻製にしました。生牡蠣の苦手な方にも食していただけるよう手を加えました。そのままでよし、クラッカー等のトッピングによし、パスタ、カルパッチョ、サラダなどあなたの好みでお楽しみください。

てづくり

山田の牡蠣くんのこだわり

山田の牡蠣くんのこだわり

大粒の牡蠣のむき身だけを選び、当社独自の製法で加工しています。味付けにはミネラルを豊富に含む天然塩とオレイン酸を多く含むオリーブオイルだけを使用し、保存料、化学調味料は一切使用しておりません。燻製にして「山田の牡蠣くん」の出来上がりです。

山田の牡蠣くんができるまで

1. 熱を加える

1. 熱を加える

大粒の牡蠣のむき身だけを選び、粒子の細かい蒸気で熱を加え、モニタリングをして牡蠣の中心温度85度、2分を徹底しています。これにより、ノロウイルス、その他雑菌の心配はありません。

2. 加工

2. 加工

天然塩にて加工。

3. 燻製

3. 燻製

干して冷蔵庫で寝かした後、燻製。

4. 瓶詰め・出荷

4. 瓶詰め・出荷

手作業で瓶詰め、オリーブオイルに浸し、「山田の牡蠣くん」として出荷。

ページの先頭へ